サイトマップ

プロミスなら最短即日融資の借り入れも可能

すぐに今日にお金が必要なら、プロミスのカードローンキャッシングに注目です。プロミスは当日に借りられる消費者金融のサービスとして有名で、早い最短30分となる審査回答で借りられるか、借りられるとしてもいくらの限度額での融資が可能かが素早く分かるようになっています。

 

プロミスで今日借りよう

 

審査完了後の借り入れに関してもプロミスは最短1時間と非常に早く、手続きの進め方次第では月曜日から金曜日までの平日だけに限らず、土曜日や日曜日といった週末でも、または祝日や祭日でも即日融資での借り入れも可能です。

 

プロミスは曜日を問わずに営業をしており、年末年始など一部で休業となる日はありますが、特別な日を除くといつでもネットでの24時間受付の申し込みも、審査可能時間での回答も行っています。

 

急にお金が必要となった状況でもプロミスは9時~21時までの審査可能時間なら最短30分で審査結果の連絡がメールや電話で届くので、早めに現金を用意したいとなってもプロミスなら希望内容に近い借り入れが可能となります。

 

プロミスから即日融資で借りる方法

最短即日の融資にも対応をするプロミスでは、借り方をしっかりと考えておかないと当日中に借りられない可能性が出てきます。どのような方法でも当日に借りられるわけではなく、平日や土日の借り方、昼間と夕方や夜の手続きでは進め方が異なるので、その時々にあった借り方としないとプロミスの即日融資は利用ができません。

 

平日の昼間であれば様々な方法で利用ができ、来店不要の銀行振り込みでもプロミスの即日融資の利用が可能です。平日14時までにパソコンやスマホでのWeb契約を完了させると、指定の銀行口座へ当日に振り込みで貸し付けをおこなってくれるので、すぐに借りたいけど店舗などに来店をするのが嫌だ、誰かに会ったり見られたりするのは避けたいと考える方にも助かります。

 

時間を過ぎてしまっている場合、またはそもそも平日ではなく土日や祝祭日の場合には、銀行振り込みではなく契約機でプロミスカードを受け取れば、最短即日での利用開始も可能です。契約機は22時まで営業をしているところも多く、そのまま受け取ったカードでATMを使って借りられるので、とにかく早くに借りたい場合には大変優れる手続き方法と言えます。

 

プロミスの契約機を活用する

プロミスの契約機は平日の昼間でももちろん利用ができ、カードを直接受け取りたい、銀行振り込みでは通帳に記帳がされるのが困るといった場合には、契約機の利用で安心の借り入れが可能となります。

 

契約機での手続きならその場でカードを受け取り、プロミスATMやコンビニや金融機関の提携ATMで限度額内で借りるので、借り入れがばれてしまうこともありません。カードの取り扱いに注意をし、財布にしっかりとしまっておくなどすれば家族にも内緒のままで借りられるので、契約機は早さの面だけでなく秘密、秘匿性といった面でも優れます。

 

また、契約機の良さは他にもあります。プロミスの自動契約機は契約書類とローンカードをその場で発行、受け取りとなるので、Web契約とは異なり後日の郵送物はありません。

 

来店不要で手軽で便利なWeb契約は契約が行いやすい半面で自宅にプロミスからのカードの郵送がされてしまうので、契約自体は誰にも見られず、知られずにスマホなどでこっそりと進められたとしても、届けられるプロミスからのパルセンターの差出人の封筒で契約がばれる可能性があります。

 

契約後の借り入れや返済においてはプロミスはWeb上での利用明細の交付に対応をしているので、借りるたび、返すたびに明細が届くことはありません。しかし、契約時においては進め方によって郵送物が本人限定の受け取りに限る郵便で届くので注意が必要です。

 

多くの場所にあるプロミス契約機

プロミスの契約機は非常に多くの場所に設置があり、平日も土日も営業時間は22時までとなっているところが多いです。設置がある都道府県なら三井住友銀行のローン契約コーナーも利用ができ、広い地域でとにかく早くにお金を借りることが可能となります。

 

日本全国で見てみると北海道から沖縄まで各都道府県に契約機があり、東京都や大阪府、福岡県といった人口が多い地域は契約機が多くなっています。また、それらの大都市には数少ないプロミス店舗となるサービスプラザもあり、福岡県ならプロミス福岡県博多区で設置があります。

 

サービスプラザではWebや契約機では行えない手続きや相談ができるようになっており、借りた後の毎月の返済や最終的な完済までにかかる期間や利息総額の確認や、通常のキャッシングローンとは異なる借り換えやおまとめとしての利用、または事業者が借りる事業性資金のローンなどに関する手続きも進められます。

 

より詳しく聞きながら、話しながら手続きを進めたい方にはプロミス店舗のサービスプラザの利用は向いていますが、営業時間が契約機と比べると短いことや、土曜や日曜、祝祭日は休業でお休みとなってしまうなど利用にあたってはどうしても不便となるので足を運ぶ際には気をつけておきましょう。

 

申し込みは事前にネットで

プロミスの契約機は契約を行うだけでなく、申し込みもその場で進められます。ただ、契約機で申し込むとなると用紙への各項目の入力が必要となり、いちいち記入をしなければならない手間と時間がかかります。

 

その点で申し込みだけはネットとしておけば気軽に手軽に進められ、ネットでの仮審査が完了した時点で契約機まで行けば早くにカードが受け取れます。審査結果もどうなるか分からない状態で契約機で申し込みを行うのは無駄足となってしまう可能性もあるので、申し込みはネットからとしておくのが基本、一般的といえるでしょう。

 

一昔前とは異なり、現在はプロミスも消費者金融とは言えども審査基準が厳しくなっています。貸金業法が改正され、総量規制が設けられたことで年収に対しての貸付上限が定められ、さらにはグレーゾーン金利が廃止されたことで実質年率29.2%を上限としていた金利も、今ではプロミスは17.8%が上限金利となっています。

 

金利が低くなれば利息が減り、プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンス側の収益性が減少してしまうので、どうしても貸付対象者を絞りざるを得ません。その結果、審査が厳しくなり審査落ちとなるケースも増えているので、申し込みはネットで行っておけば審査に落ちてもメールで連絡が来るだけなので無駄がないのです。

 

それを契約機での申し込みとしてしまうと、わざわざ契約機までいって書類に記入をして審査の結果が出るまでブース内でじっと待ったのに、審査の結果はご希望に添えられないとなれば全てが無駄となります。審査は受けてみないと通るか、OKとなるかは分からないので、審査に通る確率が高いと考えられる安定した収入を持つ正社員や公務員の方であっても、申し込みはネットで行っておきましょう。

 

オペレーターに確認をしながら進める

カードローンの利用がはじめて、キャッシングを今まで使ったことがないといった方は、ネットでの申し込み後に契約機を利用するとした場合にもしっかりと相談や確認をしておくようにしましょう。

 

契約機は無人とは言っても一人で全て進めなければならないわけではなく、受話器などでオペレーターとの対話、通話ができるようになっています。分からない点や疑問に感じる部分、質問等も随時行えるので、しっかりと聞きながら契約を進めると安心です。

 

ミスなく進めれば早くに借りられるようにもなるので、契約機での手続きを進めるに適するとされるプロミス横浜での契約を行うにあたっても、わからない部分は恥ずかしがらずにしっかりと聞くようにしてください。

 

不明点があるままで利用をしてしまうと返済が苦しくなってしまったり、返済期日から遅れての入金となる可能性があります。また、毎月の借り入れ残高に応じた約定返済金額もしっかりと確認をしておかないと、収入や支出からの返済のバランスが保てなくもなります。

 

借りるだけで終わりではなく返済をするところまでがカードローンの契約であるため、プロミスで借りるにあたっては毎月の返済金額や方法、手数料なども含めてしっかりと確認をするようにしましょう。